フレンチ漫画『Lastman ラストマン』の型破りなヒーロー、リシャール・アルダナがまだ若かった頃、10年前にさかのぼってアニメ化。ギャングスター、バトルアクション、超常現象。新感覚トリコロールアニメ全26話、時間にして5時間以上!

テレビアニメ『Lastman ラストマン』

LASTMAN ON FRENCH TELEVISION

www.france4.fr/lastman



ストーリー

腐敗したメガロポリス、パックスタウン。麻薬と病気が蔓延し、不平等とマフィアの支配によって引き裂かれ、クズ野郎が闊歩する街。この腐った街で何の目標も無くボクシングをする若者、リシャール・アルダナ。彼にとって、ボクシングなんてただの護身術、スポーツでもなければ情熱も傾けられない。たとえボクシングの才能を持ち合わせていても、サテンのパンツを履いて毎年パックスタウンで開催されるウルトラバイオレンスな格闘トーナメント『Fist Fight Funeral Cup』に参加するくらいなら死んだほうがマシ。

のはずだったのに、ダチでボクシングジムのオーナー、デイブを殺害されて全てが変わる。突然彼の忘れ形見、娘のシリの面倒を見ることになったリシャール。このシリもまた父親を殺害した組織『L’Ordre du Lion ロルドル デュ リオン』の標的に。パックスタウンの腐敗警官やギャングスターより危険な新興宗教団体『L’Ordre du Lion』は、シリが『別世界』への鍵だと信じているようだ。

この竜巻級の厄介ごとの発端となったデイブの過去を探っていくうちに、リシャールとシリは魔法と悪魔伝説の場所『Vallée des Roi ヴァレ デ ロワ』という名を耳にする。

KICKSTARTER CAMPAIGN

www.kickstarter.com/projects/42220914/lastman-la-serie-tv-animee



プロジェクト:インポッシブル「なぜキックスターター?」

「インポッシブル=不可能。」制作過程で僕らが方々で聞いた答えがこれ。フランスのアニメ市場には青年アニメ枠がない。資金は出せない。作品が野心的すぎる。「そんなの関係ねえ!」僕らのチャンスにかけて、眠気覚ましのコーヒーを燃料に、大量のコーヒーとともに死ぬほどハードに働けば「不可能は可能になる」少しずつでも。 26話分のシナリオ、全ての設定、全ての背景、全てのアニマティック、サウンド、アフレコ…、パーツは全てスタンバイ。そして僕らが想像していた以上にクレイジーな10数話も既に完成。

制作過程で有力な出資者が熱意を持って、アニメ制作に充分な資金を直に投入すると約束。それが想定外の問題と大人の事情で契約は交わされず。僕らの前には75%完成済みの作品が残り、プロジェクトはストップ。今まで維持してきたクオリティーを貫き通すために必要な資金はもう底をついた。これが今の僕らの状況だ。

でも、あなた達はそれを覆せる。



THANK YOU TO ALL OUR BACKERS ! (>> CREDITS PAGE)

The money we collect from pledges will help complete the last 12 remaining episodes. We need 25,000€ for each episode. Because of this, ideally, we would need 325,000€ (which includes securing english subtitles for the series, and producing pledge rewards). But if we don’t achieve this goal, we shall distribute the amount raised across the last remaining episodes.)

制作チーム

Jérémie Périn
監督

(Fantasy, Truckers Delight...)
Balak
脚本家

(Les Kassos, Lastman, Marvel ...)
Everybody On Deck
プロデューサー

(Polina, Raymond, Pigeons & dragons...)
Je Suis Bien Content
アニメーションスタジオ

(Persepolis, April and the Extraordinary World ...)
Jérémie Périn is a director/animator. He’s internet-famous for his music videos Truckers Delight (Flairs), Fantasy (dYe), and Hi Life (Syd Matters). Additionally, he animated the opening sequences for the film Gainsbourg - Vie héroïque and has worked for several years in television (CO2, Nini Patalo, and more).

Balak is one of the three writers of the comic book Lastman, and he too is a fixture in the world of animation. He is known for the web series Les Kassos, as well as Turbo Media, an innovative platform for digital comic books, which he created and adapted for several publishers including Marvel and Dupuis.

Je Suis Bien Content is an animation studio founded in 1996 by Franck Ekinci and Marc Jousset. Their work includes feature-length films such as Persepolis and Avril et le monde truqué, as well as television series such as L’île à Lili, Nini Patalo, and Molusco. They also produce many award-winning shorts.

The Lastman team is also made up of Jérémie Périn’s longtime collaborators: Laurent Sarfati (Writing Director) and Mikael Robert (Art Director), as well as some of the usual suspects from studio JSBC, such as Jérémie Hoarau (Assistant Director) and Nils Robin (Supervising Animator). In the creative team, we’ve got Christelle "Kuri" Abgrall (Storyboard Supervisor), Benoît "Bill" Boucher (Storyboarder), and Baptiste "Gobi" Gaubert (Character Designer). Lastman would not be complete without its set design, produced by the studio Tchak, and its original score, composed by Fred Avril (a master of electronica and film music) and Philippe Monthaye (from the bands Prophet et Los Chicros). Lastman is produced by Everybody On Deck, which was also at the helm of the feature-length film Polina, adapted from a graphic novel by Bastien Vivès. And something exceptionally rare for a French series, Lastman is financed by only one RV channel (France 4 - France Télévisions).

>> FULL STAFF / CREDITS